チューリップは花の種類が非常に多い!

チューリップが咲き始めました!

その種類は非常に多く、大きさ、形、色の違いなど5千種とも言われています。殆どの種類が毎年花を咲かせる事が出来ます。球根の植え付けは前年の秋10月~11月頃で、まず市販の出来るだけ重い球根を購入して植えつけましょう。(今後長くお付き合いする為にも)

チューリップは色、形が様々で、どの様な花が咲くかも楽しみの一つです!

チューリップは早めに花を摘む事が大切!

花が少ししおれてきたら、出来るだけ早く花を切り取ります。翌年も大きなチューリップを咲かせる為には、枯れていく花に栄養分を使わせ無い為に花を切り、球根に栄養を十分蓄えさせる事が大切です。葉が少し黄色くなったら、球根を取り出し洗ってから乾燥保管します。

チューリップの切花を長持ちさせる!

チューリップの切花が直ぐに枯れてしまわないように、まず呼吸の為の葉を1枚だけ残します。花の首の辺りに成長点が有りますので、成長を遅らす為清潔な針で2箇所程度穴を開けます。

最後に差し水ですが、10対1の割合で市販のサイダーを1割程度入れます。糖分が栄養になり泡が雑菌を防ぐ効果があります。四っ日程度で水を変えてください。これで花が枯れるのを遅らせることが出来ます!

次回は春を迎えた庭の様子をアップしたいと思います!

フォローする